RSS | ATOM | SEARCH
LEDの電球

LEDの電球


みなさんはLEDをお使いでしょうか?日本人の発明で飛躍的に性能が進化したLED。従来の電球に較べて電気をくわないLED照明が注目されています。その販売量も飛躍的に伸びていると聞きます。


私は頭も良くないのに無線の上級資格に挑戦したり、キカイいじりが好きでLED電球もいろいろ試しています。

いつも助けてくれたのは無線仲間の先生たち。世の中では地味な存在の学者肌の方が多いのに、その知識は舌を巻くほどで、世界に誇る日本の技術はこういう人たちが支えているのだと実感できました。


LEDの前には電球の形をした蛍光灯が登場しました。うたい文句は白熱電球の6倍長もちと魅力的でした。価格もその分高い。

でも製品にはバラツキがあり、小さな電球型に電子回路を組み込むので様々な問題が起き、明るくなるには時間がかかります。

メーカーにも試行錯誤があったのですね。予定より早く点灯しなくなったり、途中で明るさが半減したり、ずいぶん苦労しました。


そこにLEDの登場ですが、 LEDは光を広げるのに向かない特徴があり、設計の難しさがあります。

いまのところ、最も白熱電球に近い形の製品は、価格が高いのが問題です。ベストの製品が1個4000円以上では、いくら長持ちでも悩んでしまいますね。

いまお勧めしたいのは、あまり知られていないデコライトという名前のLED電球。東急ハンズで見つけたのですが、優秀です。

1個1400円〜1700円前後。

ただし、比較的まっすぐな光が欲しいという利用法に限ります。

店舗などで、商品がキラリと明るく見えるハロゲン球が人気ですが、

それに替わるものと考えると良いでしょう。


(こんな形の電球?ですが、前方向には優秀)

50ワットの明るさで、たったの4ワットしか電力を使いません。

光は広がりませんが、直下では60ワットの実力があり、ダウンライトやテーブルスタンドにも良いでしょう。

いくつもの種類を作っていますが、口金のサイズなどをチェックする必要があります。普通の電球サイズはE26と呼ばれます。


熱を持たないLED電球でも、器具の部分が熱を持ってヤケドしそうな製品もあります。回路部分が熱くなる製品もあるのです。

このデコライトは、よほどの柔肌でなければ触れます。


昼光色、電球色、それに温白色という白い光があり、私は温白色がいちばんのお気に入りです。しかも、光の広がりが60度と120度、二種類から選べます。120度は拡散するので、明るさが足りないと感じる場合もあります。

たった4ワットで60度の真っすぐな気持ちのよい光は魅力的です。

世界中のメーカーが取り組んでいるLED電球。進化が楽しみです。



 
author:kenzotomo, category:-, 00:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:17
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://e-otomo.jugem.jp/trackback/557